モンテールが自社調査した「スーパー・コンビニスイーツ白書2022」を発表!!

モンテールが自社調査した「スーパー・コンビニスイーツ白書2022」を発表!!

洋生菓子を製造・販売する株式会社モンテール(本社:埼玉県八潮市)は、2007年より毎年行っている「スーパー・コンビニエンスストア(以下コンビニ)の洋生菓子(以下スイーツ)」に関する経年変化をまとめた調査に加え、今年度は「47都道府県別のスイーツ事情」について調査・分析し、「スイーツ」に関する意識や嗜好などをまとめた「スーパー・コンビニ スイーツ白書 2022」を作成しました。3月12日の「スイーツの日」に合わせて、以下に主な調査結果を発表します。

モンテール「スーパー・コンビニ スイーツ白書2022」

 

「スーパー・コンビニ スイーツ白書2022」 概要

1、スイーツを買う場所・理由

  • スイーツを買う場所:1位「スーパー」60.4%(昨年67.5%)、2位「コンビニ」53.3%(同58.4%)、3位「専門店」21.0%(同20.8%)と、8年連続「スーパー」がトップ
  • スーパーは「価格と味」が、コンビニは「おいしさと手軽さ」が高評価

2、スーパー・コンビニスイーツ 人気ランキング

  • よく買うスイーツランキング1位「シュークリーム」(70.2%)、2位「プリン」(49.1%)、3位「エクレア」(39.8%)「シュークリーム」と「プリン」は15年間、不動の1位と2位
  • 人気のスイーツの「食感」は、「なめらかな」(39.5%)が7年連続の1位。2位「ふわふわ」(33.6%)、3位「ふんわり」(32.8%)。男性は「ふわふわ」、女性は「とろーり」が人気上昇中

3、スーパー・コンビニでスイーツを買う・食べるシーン

  • スイーツを食べる時間帯で最も多いのは「午後」(49.6%)。次いで「夜」(39.3%)、「夕食時」(22.8%)
  • 男性は「夜」(48.0%)、女性は「午後」(55.2%)・「昼食時」(23.9%)に食べる割合が高い

4、47都道府県スーパー・コンビニスイーツに関する調査結果

「スーパー・コンビニのスイーツ好き」が最も多いのは「愛媛県」(99.5%)

  • 1日のうちにおやつを食べる回数が多い都道府県は「奈良県」(1.44回)がトップ
  • 近畿は「甘さしっかり派」、北海道・東北は「甘さ控えめ派」が多い
  • フレーバーに見る地域性:濃厚な「チーズ」好きが特に多い「沖縄県」。フルーティーな味わいを好む「京都府」。「紅茶」好きは「長野県」で多い
  • スイーツ選びに見る地域性:贅沢感を大切にする「高知県」。定番の味を愛する「福井県」。季節感を大事にする「京都府」。健康志向の「東京都」

=================

《「スーパー・コンビニ スイーツ白書2022」 トピックス》
日本では気候や風土にも違いがあり、その土地ならではの多様な食文化があります。そこで今回は新たに47都道府県調査を実施し、日本の各地域でのスイーツの好みの違いを調査しました。

  • 「スーパー・コンビニのスイーツ好き」が最も多いのは「愛媛県」(99.5%)!

スーパー・コンビニのスイーツが好きかという問いには、回答者全体でも95.1%の人が「好き」と回答。その中でも、スーパー・コンビニのスイーツが好き*(*「とても好き」「好き」の合計)な人の割合が最も多い都道府県の1位は「愛媛県」(99.5%)でした。
2位は「広島県」(98.5%)、続いて「和歌山県」「香川県」「大分県」(97.5%)が同率で3位となり、トップ5には西日本の県が並ぶ結果となりました(図1)

●1日のうちにおやつを食べる回数が多い都道府県は「奈良県」(1.44回)がトップ

また1日のおやつの回数について伺いました。その結果おやつを食べる平均回数は、「奈良県」(1.44回)が最も多く、「秋田県」(1.37回)は「おやつの回数」は全国で2番目に多いことが分かりました。

3位は「岐阜県」(1.34回)、4位には「福島県」「東京都」「京都府」が1.32回で同率ランクインしています(図2)。

モンテールが自社調査した「スーパー・コンビニスイーツ白書2022」を発表!!

●「甘さしっかり派」No.1は「静岡県」、「甘さ控えめ派」No.1は「岩手県」
近畿は「甘さしっかり派」、北海道・東北は「甘さ控えめ派」が多い

また、今回スーパー・コンビニのスイーツの甘さの好みも調査。全体では「甘さしっかり」 が59.1%*¹、「甘さ控えめ」が40.9%*²で「甘さしっかり派」が約6割で多数派となりました。
*¹ 「甘さしっかり」「どちらかといえば甘さしっかり」の合計
*² 「甘さ控えめ」「どちらかといえば甘さ控えめ」の合計

都道府県別に見ると、「甘さしっかり」を最も好むのは、全体(59.1%)より5.4ポイント高い64.5%の「静岡県」でした。2位には「スイーツ好き」1位の「愛媛県」(63.5%)などがランクイン。

最も「甘さ控えめ」を好むのは、「岩手県」(49.5%)で、全体(40.9%)より8.6ポイント高い結果となりました。半数には届きませんでしたが、「甘さしっかり派」と「甘さ控えめ派」が拮抗している県といえます。次いで2位は「富山県」(47.0%)、3位は「三重県」(46.5%)という結果になりました 。

エリア別に甘さの好みを見ると、「近畿」(60.3%)が最も「甘さしっかり派」が多いことが分かりました。僅差で2位は「中国・四国」(60.2%)、3位は「関東」(60.1%)となりました。「甘さ控えめ派」が最も多いエリアは「北海道」(45.5%)。2位は「東北」(43.5%)、で、寒冷地域では控えめな甘さが好まれる傾向にあるようです(図3)。

モンテールが自社調査した「スーパー・コンビニスイーツ白書2022」を発表!!

●フレーバーに見る地域性
濃厚な「チーズ」好きが多い「沖縄県」/フルーティーな味わいを好む「京都府」/「紅茶」好きは「長野県」で多い

今回の調査では、好きなフレーバーについても調査。全国で最も人気のフレーバーに選ばれた「バニラ」が好きな人が一番多いのは「長崎県」(70.5%)で、7割と高い支持を得ています。「チョコ」は「沖縄県」(61.5%)で人気が高く、「ミルク」は「東京都」(58.0%)で特に好まれているようです。

「沖縄県」がトップになったのは「チョコ」のほか、「苺」(41.0%)、「チーズ」(42.0%)でした。特に「チーズ」は2位「新潟県」(36.0%)との差が6.0ポイントで、1位・2位の差が最も開いていました。全体の30.2%と比べると11.8ポイントも高く、沖縄県では特に「チーズ」を好む人の割合が高いことが分かりました。

「桃」は「京都府」での人気が高く全体の17.0%と比較して27.0%と、10ポイントも高い結果となりました。また、「バナナ」(21.0%)、「マンゴー」(20.0%)、「レモン」(15.0%)でも1位となっており、京都府ではフルーティーなフレーバーを好む人の割合が高いといえます。

「紅茶」好きは、別荘地として有名な軽井沢のある「長野県」(26.0%)で多く、「抹茶」は「和スイーツ好き」で1位となった「石川県」(34.0%)で多いなど、地域の特徴が感じられます(図4)。

モンテールが自社調査した「スーパー・コンビニスイーツ白書2022」を発表!!

●スイーツ選びに見る地域性
贅沢感を大切にする「高知県」/定番の味を愛する「福井県」/季節感を大事にする「京都府」/健康志向の「東京都」
スーパー・コンビニのスイーツを選ぶ際の基準を聞いてみると、全体では「価格が安い」(55.9%)ことが最も重視されていることが分かりました。2位は「贅沢感がある」(34.4%)、3位は「容量がちょうどよい」(23.6%)という結果になりました。

さらに調査では、項目別に都道府県の1~3位で見ています。その結果「贅沢感がある」ことを最も重視するのは「高知県」(43.0%)で、スイーツに特別感やご褒美感を求める人が多いことがうかがえます。
また「定番のものである」は「福井県」(29.5%)がトップとなり、定番商品の安定したおいしさを求める人が多いようです。

その他「見栄えがよい」ことを最も重視するのは「奈良県」(21.5%)、2位は「京都府」(21.0%)と隣県が並びました。「京都府」は「季節感がある」でも23.0%で1位となっており、「奈良県」「京都府」はスイーツに美しさや季節感など、味のみならず、五感で楽しむことも重視している様子がうかがえます。

「糖質もしくはカロリーが低い」ことは「東京都」(15.0%)で最も重視されており、健康志向の高さがうかがえます。2位には「スイーツ好き」が最も多い「愛媛県」(14.0%)がランクインしています。

「地域限定のもの」を重視する人は「宮崎県」(10.7%)、「沖縄県」(10.5%)で多く、地元愛の高さが感じられる結果となりました(図5)。

モンテールが自社調査した「スーパー・コンビニスイーツ白書2022」を発表!!

その他、調査では2007年より毎年行っている「スーパー・コンビニのスイーツ」に関する経年変化をまとめた調査も紹介しています。

●経年でみるスイーツ人気ランキング「シュークリーム」が15年間連続1位!
スーパー・コンビニでよく購入するスイーツは、1位「シュークリーム」(70.2%)が15年連続の首位を獲得しました。2位「プリン」(49.1%)も15年連続で2位となり、不動の人気を誇る2大スイーツであるといえそうです。男女別のランキングでもトップ2は同様で、全体3位「エクレア」(全体39.8%、男性42.5%、女性37.3%)は、男性のランキングで3位、女性のランキングでは4位でした。代わりに女性人気の3位となったのは「ロールケーキ」(女性39.0%)でした(図6、7)。

モンテールが自社調査した「スーパー・コンビニスイーツ白書2022」を発表!!

モンテールが自社調査した「スーパー・コンビニスイーツ白書2022」を発表!!

♦その他、詳しい調査データはこちらからご覧いただけます。

<調査概要>
◆スーパー・コンビニエンスストアの洋生菓子(スイーツ)に関する調査・調査概要
・実施時期:2007年から2021年まで毎年実施
・調査手法:インターネット調査
・調査対象:16~64歳の男女約1,000人

◆47都道府県別のスイーツ事情に関する調査
・実施時期: 2022年1月17日(月)~19日(水)
・調査手法:インターネット調査
・調査対象:47都道府県より約200人ずつ、合計9,391人 3カ月に1回以上スーパー・コンビニスイーツを購入する人

_________________________

《モンテールの定番商品》
●牛乳と卵のカスタード&ホイップシュー

モンテールが自社調査した「スーパー・コンビニスイーツ白書2022」を発表!!

素材の風味豊かな2層仕立てのシュークリームです。北海道産生クリームをブレンドした口どけの良いミルクホイップと、自家炊きカスタードを香ばしく焼き上げたシュー生地につめました。
税込希望小売価格:108円 (沖縄のみ145円)

●牛乳と卵のエクレア

モンテールが自社調査した「スーパー・コンビニスイーツ白書2022」を発表!!

素材の風味豊かなカスタードのエクレアです。
自家炊きカスタードとオリジナルホイップをブレンドしたカスタードクリームをエクレア生地に詰め、チョコをコーティングして仕上げました。
税込希望小売価格:108円 (沖縄のみ145円)

●牛乳と卵の手巻きロール・ミルク

モンテールが自社調査した「スーパー・コンビニスイーツ白書2022」を発表!!

卵を贅沢に使用してふんわりしっとりと焼き上げた生地と一緒に、コク深いミルククリームが楽しめるロールケーキです。オリジナルのホイップクリームに、北海道産生クリームと自家炊きカスタードをブレンドしたミルククリームをスポンジ生地でやさしく手巻きしました。
税込希望小売価格:388円(沖縄のみ432円)

《モンテールのこだわり》
◆牛乳と卵の産地に近い産地直結型工場で、地元の新鮮素材を使用
◆新鮮素材をたっぷり使用して、自社銅釜で炊き上げたカスタードクリーム

《会社概要》
株式会社 モンテール

代表取締役: 鈴木徹哉
設立:昭和29年10月
売上高:279 億円(2021年 8 月期実績)
事業内容:チルドデザートの製造および販売
所在地:本社 〒340-0822 埼玉県八潮市大瀬三丁目1番地8

株式会社 モンテール

住所・電話番号 本社 〒340-0822 埼玉県八潮市大瀬三丁目1番地8
事業内容 チルドデザートの製造および販売
公式サイト https://www.monteur.co.jp/

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ