「スーパー・コンビニ スイーツ白書 2024」調査結果発表! モンテールが現代の休憩実態とスイーツの嗜好を明らかに[PR]

3月12日(スイーツの日)に向け、モンテールが「スーパー・コンビニ スイーツ白書 2024」を公表。20~60代の働く人を対象に、スイーツに対する意識と休憩時間の実態を徹底調査。

スーパー・コンビニ スイーツ白書 2024

洋生菓子メーカーのモンテール(本社:埼玉県八潮市)が、毎年行っている「スーパー・コンビニ スイーツ白書」の2024年版を発表しました。

これには、スイーツに対する意識の経年変化や、休憩時間におけるスイーツの喫食状況などが詳細にまとめられています。

【スイーツへの意識の変化】

  1. スイーツ購入場所と理由
    • 購入場所では、スーパーが61.7%で1位。コンビニが51.5%で2位に位置し、10代はコンビニが最も多い傾向にあります。スーパーのスイーツに対する魅力は価格が1位となりましたが、11年間で最も低い結果となりました。
    • 平均購入金額は225円で、7年連続で増加。50代・60代の購入も昨年より大幅アップ。
  2. スイーツ人気ランキング
    • よく買うスイーツランキングでは、シュークリームが66.3%で1位を維持。プリンが47.5%で2位となりました。食感では「なめらかな」が9年連続で1位を獲得。
  3. スイーツ購入・食べるシーン
    • スイーツを食べる場所は95.4%が「自宅」。昨年よりも「友人宅」と「屋外」が増加。午後が全体の50.3%で最も多く、「夜」にスイーツを楽しむ男性も46.7%いました。

【休憩の実態とスイーツの喫食状況】

  1. 働き方別の休憩時間
    • 全体の約7割が短めの休憩を取っており、「気分転換・リフレッシュ」が全グループで1位。休憩の課題としては、「休んでも休んだ気がしない」と「効率的な休憩の取り方を知らない」が共通して挙げられました。
  2. 休憩時間のスイーツの実態
    • 休憩中の過ごし方は、「飲み物を飲む」「おやつを食べる」が共通して高い。専業主婦/主夫とテレワーカーが特に「おやつを食べる」ことが多い傾向。
    • 休憩中に食べたいものは「甘いもの」が7割で1位。仕事中の休憩で食べることができるスイーツとしては、「ワンハンド」が好まれています。
  3. 休憩時間のスイーツに求めるもの
    • スイーツを食べたいと感じる時は、全グループで「疲れたとき」が1位。「シュークリーム」はどんなシーンにもマッチするスイーツとして浮上。
    • 7割以上が「おやつ時間は必要」と感じ、「おやつ時間があることで職場の雰囲気が和むと思う」と回答。

などなど。

「スーパー・コンビニ スイーツ白書 2024」の詳細な調査結果は、以下のリンクから確認いただけます。

モンテール「スーパー・コンビニ スイーツ白書2024」

 

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ