雨雪の中でも熱戦!初開催の「やしお なわとびフェス」がエイトアリーナで盛況に

八潮市鶴ケ曽根で小さな挑戦者たちが縄跳び技術を競い合う

第一回なわとびフェス

2月23日(金)、雨に混じる小雪の中、八潮市鶴ケ曽根のエイトアリーナで、八潮市スポーツ推進委員協議会主催による「第1回やしお なわとびフェス」が開催されました。

天候は決して良いとは言えませんでしたが、そんな中でも小さな子から大人の方まで、およそ30名近い方々が参加し、ホールの中では粘り強い熱い戦いが繰り広げられました。

第一回なわとびフェス

第一回なわとびフェス

第一回なわとびフェス

このフェスでは、個人種目として前とび、後ろとび、あやとび、そして親子で挑戦する親子とび等の6競技が行われました。

各種目は3分間で何回飛べたかを競う形式で、参加者たちは一跳び、一跳びに全力を込めていました。

3分間はとても長い時間で、途中くじけそうになる参加者もいましたが、終了の達成感に、ホッとする光景が何度も見ることができました。以前は5分間での競技だったそうで、ちょっと気が遠くなります…。

第一回なわとびフェス

第一回なわとびフェス

第一回なわとびフェス

第一回なわとびフェス

第一回なわとびフェス

第一回なわとびフェス

団体種目では大なわとび、小なみとびが行われ、初めてその場で会った参加者たちがチームを組み、チームワークと連携が問われる試合となりました。

チームはひと飛びごとに反省やコツを学び、連続してのジャンプには歓声があがります。

第一回なわとびフェス

第一回なわとびフェス

雪混じりの雨が降る中、参加者たちは額に汗を浮かべながらも、楽しそうに縄跳びに舞い上がっていました。

その姿は、ただひたすらに飛び続けることの喜びと、多くの方々が一丸となって、共に挑むことの楽しさを感じさせてくれました。

第一回なわとびフェス

悪天候の中でも変わらぬ笑顔と熱気で溢れる第1回なわとびフェス。

参加者たちは自身の技術と向き合い、限界を超える経験をしたことでしょう。次回の開催が待ち遠しくなる、そんな一日となりました。

運営の皆様、参加者の皆様、お疲れさまでした!!。

以前の告知記事はこちら

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ