八潮市のカナイグループと住友林業、革新的な混構造建築金物を発売

中大規模木造建築を支える設計効率化とコスト削減を実現
規格化された接合金物により、設計の手間を軽減し、木造建築の新たな道を開く

株式会社カナイグループ

株式会社カナイグループ 公式サイトより

住友林業株式会社(社長:光吉 敏郎 本社:東京都千代田区)と、八潮市西袋に本社を置く株式会社カナイグループ(社長:金井 亮太)は、中大規模の木造建築推進の新たな一歩として、木造の小梁と鉄骨やRC造の大梁・柱を接合するための革新的な混構造用接合金物をこの1月に発売しました。

この技術革新は、設計業務の省力化とコスト削減を目指し、建築分野での木造化を促進することを目的としています。

株式会社カナイグループ

 

株式会社カナイグループ

開発された接合金物は、構造上の要求性能に応じた6種類の規格化された形状を提供し、これまで特注が必要だった混構造の接合部をローコストで設計可能にします。規格化により、設計者は接合部の細かい計算から解放され、設計作業の大幅な効率化が実現されました。

接合金物の設計は、耐力と施工の容易さに重点を置いています。木造小梁の接合部には、高い耐力を確保するためのドリフトピンを配置し、梁下端の千鳥配置によって木材の割裂破壊を防ぎます。また、鉄接合部には、高力ボルト接合を採用し、鉄骨梁と同様の組立手順で施工が可能です。これにより、木造小梁の現場での取り付けが容易になり、木造建築の普及が一層進むことが期待されます。

株式会社カナイグループ

耐火性能においても、鉄骨と木材との接合部の規格化を実現し、建築物の安全性をさらに高めています。加えて、第三者機関による性能評価を取得しており、その信頼性と効果が認められています。

住友林業とカナイグループのこの取り組みは、官民が進める脱炭素社会への貢献だけでなく、建築分野における革新的な進歩を象徴しています。

両社は、規格型接合金物の開発と普及を通じて、中大規模建築物の木造化を推進し、建築業界における新たなスタンダードを築き上げていくことを目指しています。

株式会社カナイグループ

所在地・電話番号 〒340-0833 埼玉県八潮市西袋717-1
事業内容 仕入事業・コンテナ直送販売事業、管理業務及び開発業務
WEBサイト https://www.kana-e.co.jp/
設立 1987年6月
その他

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ