【三郷市】三郷市の会社員 架空請求詐欺で約2800万円を騙し取られる 注意喚起

通信事業者を装った詐欺師による巧妙な手口、埼玉県警吉川署が警告

スマホ 詐欺 被害

埼玉県警吉川署は21日、三郷市に住む54歳の男性会社員が架空請求詐欺により、現金2670万円と電子マネー10万円をだまし取られた事件を公表しました。この詐欺事件は、通信事業者を装った犯人による巧妙な手口によるもので、事件の経緯によると、昨年12月19日に被害者の携帯電話に、ご利用料金について話し合いたい旨のメールが届き、これに記載されていた電話番号に連絡したところ、自称「セキュリティー協会」の男から、被害者の携帯電話がコンピューターウイルスに感染し、未納料金が発生していると告げられました。

信じた被害者は、同日の午後に三郷市内のコンビニエンスストアで電子マネーカード10万円分を購入し、その番号を伝えました。その後、1月7日までの期間にわたり、総額2670万円を指定された口座に8回に分けて振り込みを実施。

この事件は、20日に被害者が吉川署管内の交番に相談。吉川署は、このような詐欺事件に対する警戒を呼びかけるとともに、市民に対し、不審なメールや電話には慎重に対応するよう警告しています。この事件を受けて、埼玉県警はさらなる調査を進めており、一般の人々に対する詐欺防止の啓発活動も強化しています。

 

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ