首都圏を結ぶ新動脈「東埼玉道路」の展望 八潮市から春日部市へ 国土交通省関東地方整備局

国道4号のバイパスのさらなる進化 – 巨大プロジェクトの進捗と未来

国道4号 東埼玉道路

国土交通省 関東地方整備局 公式サイトより

2023年11月29日、国土交通省 関東地方整備局は今年度第4回目の事業評価監視委員会を開催し、国道4号「東埼玉道路(延伸)」プロジェクトの重要な再評価を行いました。

このプロジェクトは埼玉県南部の国道4号バイパスのさらなるバイパスとして機能し、重要な交通網を形成しています。

東埼玉道路は、全長17.6kmにわたり、八潮市内の国道298号から春日部市内の国道4号に至る重要な路線です。沿道には日本最大級のショッピングモール、越谷レイクタウンが位置しており、この地域の発展に大きく貢献しています。

現在、吉川市内までの5.7kmが開通しており、残る8.7kmの延伸部分が今回の再評価の焦点となりました。

この再評価は、道路交差部の設計見直し、追加車線の設置、土運搬計画の変更、埋設廃棄物の処分費増加など、様々な課題による事業費の約98億円増額を受けて行われました。これには労務費や材料価格の上昇も含まれています。

しかし、用地取得率は約98%に達しており、プロジェクトは着実に進行中です。2025年春には松伏町の県道浦和野田線までの約3.8kmが開通する予定です。

東埼玉道路

東埼玉道路/春日部市公式サイトより

事業全体の費用対効果は、事業費が増加しても依然として高く、土地区画整理事業、大型物流施設、大規模店舗の開発支援、観光農園の振興など様々な利点が見込まれています。また、このプロジェクトは東埼玉道路の側道部分のみを対象としており、既存の開通部分には別途、NEXCO東日本による有料道路の建設が進行中です。

東埼玉道路は、既存の国道4号バイパスからの交通転換による渋滞緩和だけでなく、首都圏における大規模開発プロジェクトの基盤としての役割も果たしています。

埼玉県は、産業団地の整備を計画しており、東京メトロ半蔵門線の延伸や地下鉄8号線の整備も視野に入れています。これらの進展は、地域の発展に大きく貢献することが期待されています。

国土交通省関東地方整備局
北首都国道事務所

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ