【三郷市】市内中学校で科学実験中に事故、生徒10人がけが

三郷市役所

三郷市役所

埼玉県三郷市 – 20日午前、埼玉県三郷市にある市立南中学校で起こった事故について、地元警察が調査を進めています。この事故は、理科の授業中に行われていた実験中に発生しました。

午前10時20分頃、理科室で行われていた実験中にガラス瓶が突然破裂しました。この事故により、2年生の生徒10人がけがを負い、病院に搬送されました。報告によると、1人の生徒が割れたガラスで肘を切る重傷を負い、残りの9人は軽傷だったとのことです。

三郷市教育委員会によると、この実験は約30人の生徒がグループに分かれ、ラムネ瓶に水、重曹、クエン酸を混ぜ、炭酸水を作る実験をしていました。どうやら配合ミスにより瓶内の圧力が高まりすぎ、破裂に至ったと考えられています。

事故の詳細な状況については、警察が学校関係者からの情報を基に調査を進めています。三郷市教育委員会の菅原成之学校教育部長は「けがをした生徒や保護者には深くお詫び申し上げます。事故の原因を徹底的に調査し、再発防止策を講じたい」とのコメントを発表しました。

今後の調査結果により、教育現場での安全対策の見直しが求められることになるかもしれません。


[ニュース提供元]
三郷市
埼玉県警察庁

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ