【八潮市】市内の保育所に保育・教育施設向けICTサービス「CoDMON」導入

登降園管理などの業務負担の軽減と保護者と保育者のコミュニケーションを円滑化

八潮市×コドモン メインビジュアル

八潮市×コドモン メインビジュアル

東京都港区に本社を構える株式会社コドモン(代表取締役:小池義則)は、埼玉県八潮市の保育所にて、2023年12月から同社が展開する保育・教育施設向けICTサービス「CoDMON」(以下、コドモン)を順次導入することを発表しました。

この取り組みは、八潮市が登降園管理などの業務負担を軽減し、保護者と保育者の円滑なコミュニケーションを促進することで、保育の質向上を目指すものです。

八潮市におけるコドモン導入機能(予定事項)

遅刻・欠席・お迎え・延長の連絡

保護者アプリから遅刻・欠席・お迎え・延長などの連絡が申請可能。これにより、保護者は瞬時に園に報告でき、園も電話対応なしにリアルタイムで情報を受け取ることができます。

お知らせ一斉配信

保護者への連絡はクラスや園児を指定し、テンプレートから選んで記載するだけで、簡単かつシンプルに情報配信が行えます。メール配信の他にも、スマホの通知機能やアプリ内での配信などが可能です。

園児台帳

園児毎に名前、クラス、生年月日、健康情報、健診履歴、保育料設定、家族情報などあらゆる情報を一元管理。これにより、園内での園児ごとの情報共有が容易になります。

登降園管理

園児の登降園時刻をQRコードで打刻し、出席簿や延長保育料計算などの業務を省力化。保護者はスマホアプリを使用して登降園/登下校の状況を家族と共有可能です。

この取り組みは、行政のデジタル化が進む中で、保育・学校の現場でもICTの活用が不可欠とされています。特に、厚生労働省や文部科学省の動向に基づいて、業務のDX化と業務改善を目指しています。

コドモンのSaaS(Software as a Service)活用のメリット

効率性の向上

多様な基本機能が提供され、導入時間を短縮。多くの利用者でリソースを共有し、費用負担を軽減できる。

技術革新対応力の向上

新機能が随時追加され、最新技術を容易に活用できる。

柔軟性の向上

リソースの追加や変更が容易で、業務の見直しが比較的簡易に可能。

これにより、コドモンは保育・教育施設向けICTサービスの提供において、充実した実績を積み上げており、現場での利用や新機能の追加に対する投資を継続的に行っていることが期待されます。

参考情報

コドモンの会社概要

政府情報システムにおけるクラウドサービスの利用に係る基本方針

SaaS向けSLAガイドライン

ニュースリリース

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ