八潮市中央に佇む創作居酒屋「まんま亭」で堪能する、唯一無二の創作麺料理三選【八潮のランチ】

八潮市を代表する創作居酒屋「まんま亭」の独創的な麺の魔法とは?

まんま亭

八潮市のランチタイムがもっと楽しくなる!そんな期待を胸に、久しぶりに訪れたのは、地元で愛される創作居酒屋「まんま亭」さん。本日は、その中でも特に人気の高いランチメニュー、麺類の魅力を深堀りします。

「まんま亭」は以前、八潮市二丁目でその名を馳せておりましたが、コロナ禍前に八潮市中央へとその場所を移し、新たなスタートを切りました。

今やランチタイムには周辺のオフィスワーカーや地元住民で賑わう、まさに地域に根付いた存在へと成長を遂げています。

まんま亭

ランチメニューは多岐に渡りますが、その中でも特に注目すべきは、各種麺類。独特の縮れた中太麺を使用した、まんま亭オリジナルの麺類は、一度食べたら忘れられない味わいです。

焼きそば用の麺をアレンジして使用しているというこの麺は、モチモチとした食感とスープの絡みが絶妙で、多くのファンを魅了しています。

ここで、特におすすめしたい三大麺類を、勝手にご紹介しましょう。

1. 野菜たっぷりつけ麺

まんま亭

まんま亭の看板メニューの一つである「キャベ玉豚みそ煮込み」をベースにした濃厚なつけ汁と、軽く塩味の効いたキャベツとともやしをふんだんに使った野菜炒めが絶品です。

つけ汁に麺をつけて食べても、野菜炒めそのものでも美味しく頂けます。残ったつけ汁は、そば湯?で薄めて最後まで楽しめるのも魅力的ですね。

2. 醤油ラーメン

まんま亭

シンプルながらも、鶏ガラと和出汁の深い味わいが醤油と見事にマッチしています。

魚粉を加えることで、さらに味わいに深みが加わり、どんな方にもおすすめできる一品です。女性にも人気のメニューです。

3. 風味豊かな油でまぜそば

まんま亭

見た目のインパクトもさることながら、ローストポークとの相性も抜群です。濃いめの油スープに魚粉を絡め、よく混ぜて食べることで、一層の美味しさを堪能できます。

市役所近辺は飲食店やお弁当屋さんなど、ランチの激戦区と化していますが、「まんま亭」の麺類は一度食べたら忘れられない味わいで、確固たる地位を築いています。

八潮市中央にお越しの際は、ぜひこの絶品麺類を堪能してみてください。


<Hacchinさん>

hacchin「やしおん」運営代表。ずっと八潮の人。30年近くネットの世界にいて20年以上ネットマーケティングやWEBの世界にいます。
本職は小さなゲーム会社の管理部長。BBQインストラクター資格。強面ですが下戸なんです。

 

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ