時代の終わりに感謝を込めて 八潮市役所旧庁舎とのお別れイベントに伺いました

52年の歴史に幕を閉じる旧庁舎、市民による感謝と思い出のメッセージ

旧庁舎お別れ会

1971年(昭和46年)に完成して以来、埼玉県八潮市の中心として機能してきた旧庁舎が、ついにその長い歴史に幕を下ろしました。

昨年末に閉庁したこの建物は、市民にとって多くの記憶と絆を築いた場所であり、27日には感謝と別れを告げる特別なイベントが行われました。

旧庁舎お別れ会

旧庁舎お別れ会

旧庁舎お別れ会

この日、参加した市民の方々は、解体前の最後の機会として、旧庁舎内を見学しました。

壁や窓ガラス、机やショーケースには、感謝のメッセージを刻んでいきました。たくさんの感謝の言葉が、建物の隅々に記されていました。

旧庁舎お別れ会

旧庁舎お別れ会

旧庁舎は、2011年の東日本大震災の際に外壁タイルの一部が崩落するなど、耐震性の問題がその当時から指摘され、新庁舎の建設計画がスタート。昨年10月には新しい庁舎が完成、今年1月から供用が開始されました。

市は昨年12月から、旧庁舎の1階ロビーにお別れメッセージ記入ブースを設置。そこで市民たちは、建物に対する感謝や思い出を書き留めていきました。

この日は旧庁舎に入れる最後の機会となり、多くの市民が午前9時の受付開始と同時に訪れていました。改めて庁内を拝見しましたが、天井や床タイルなど、やはり老朽化が激しいことがわかります。天井からせり出した蛍光灯など、やはり時代を感じます。

旧庁舎お別れ会

旧庁舎お別れ会

旧庁舎お別れ会

建築工事の開始を記念して建物の安泰を祈るために行われる「定礎式」で設置された定礎石。昭和46年は、まだ「八潮町」でした。

旧庁舎お別れ会

普段は立ち入ることのできなかった市長室や議長室、市議会議場も公開され、市民は熱心に見学しました。背の高い議長席というのも時代を感じさせます。これらの部屋は、市の運営において重要な役割を果たしてきた場所であり、市にとって特別な意味を持っていました。

旧庁舎お別れ会

旧庁舎お別れ会

旧庁舎お別れ会

旧庁舎お別れ会

屋上にある格子状の設備も、役所のシンボル的なものでしたが、やはりかなりの老朽化がうかがえます。

旧庁舎お別れ会

八潮市公共施設整備課によると、旧庁舎の解体工事は2月から始まる予定です。

この建物がなくなることで、新たな歴史が始まりますが、旧庁舎が市民の心の中に遺した思い出は、永遠に色あせることはありません。このイベントは、市民一人ひとりの心に深く刻まれ、八潮市の新しい章が始まるにあたって、過去を讃える機会となりました。

旧庁舎お別れ会

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ