八潮市の障がい者福祉施設「メーティス」製作のパラコードスマホスショルダートラップが評判を集めています

八潮市の地域貢献とファッションが融合。多機能なカラフルストラップが注目の的に

障害者福祉施設「メーティス」製作のパラコード使用のスマホストラップが注目集める

実際の装着例。パラコードのカラーリングは数多くあり、組み合わせで様々なコーディネートが可能。耐久性も高い。

八潮市古新田に位置する障がい者福祉施設「メーティス」が、地域社会にちょっとした波を起こしています。同施設で製作されたスマートフォン用ショルダーストラップが、その独創性と実用性で大きな注目を集めています。

このストラップの素材には「パラコード」が使用されています。本来、パラシュートに使われるこのコードは、その強度と軽さ、速乾性からアウトドアシーンで広く利用されてきました。さらに、色のバリエーションが豊富であることから、ファッションアイテムとしても人気を博しています。

「メーティス」で製作されるこれらのショルダーストラップは、そんなパラコードの特性を活かしつつ、色彩豊かなデザインで個性を放っています。耐久性に優れ、様々な用途に使えることから、ショルダーストラップの他にも、調整次第でセキュリティカードやIDパスのストラップとして、おしゃれに携帯するアイテムとしても最適です。

ここ数年でも、スマートホンのショルダーストラップのニーズは高いようです。確かに多く見かけますね。

利便性

  • 手ぶらでの持ち運びが可能:特に外出時や旅行時にスマートフォンを安全に持ち運べると好評です。
  • 紛失防止:ストラップがあることで、スマートフォンを置き忘れたり失くしたりするリスクが減少します。

ファッション性

  • デザインの多様性:シンプルなものからデザイナーズものまで、多岐にわたるデザインがあり、ファッションの一部として楽しめます。
  • カスタマイズ性:ストラップにチャームをつけたり、自分好みにカスタマイズできる点が魅力的です。
作業の様子

組み上げの様子。1本1本がご覧のような手作業の為、しっかりとした組み上げが必要。

障害者福祉施設「メーティス」製作のパラコード使用のスマホストラップが注目集める

実際の装着例。非常にファッション性も高く、利便性も高い。

製作に携わる施設の利用者たちからは、「製作過程が楽しい」「集中することができる」といった声が聞かれ、作業を通じての満足感も大きな魅力の一つとなっています。

市内では八潮市役所内に新たにオープンした「ヤマザキYショップ」で最近販売が始まり、その手頃な価格設定と実用性で好評を博しています。価格は税込み1,500円と、市販されている同様の商品と比較しても、安価で手に取りやすい価格帯です。

障害者福祉施設「メーティス」製作のパラコード使用のスマホストラップが注目集める

販売中のストラップ

販売の様子。様々なカラーリングがあり、色違いのモノを数本購入される方も。

「メーティス」では、これらのスマートフォンストラップをより多くの方に手に取っていただくため、販売協力をしていただける店舗を広く募集しています。手作業による製作のため、大量生産は難しいですが、その分一つ一つに心を込めて作られています。地域社会への貢献はもちろん、施設利用者の作業を通じた自己実現の場としても機能しています。ご興味のおありな方は、ぜひ当サイトのお問合せフォーム、またはメーティスまでお問合せください。

八潮市や地域社会における障害者福祉の一環として、また新たなファッショントレンドとして、このユニークなアイテムにぜひご注目ください。マジでおススメです。

※スマートホンのショルダーストラップを装着される際は、ストラップが装着可能なスマホケースが必要となりますので、ご注意ください。

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ