【草加市】「東洋一のマンモス団地」旧松原団地エリアが未来のまちへ進化!産官学5者の大規模連携プロジェクト

草加市と獨協大学、UR都市機構、東武鉄道、トヨタホームが手を組み、新たなまちづくり協定を締結。多世代共生の理想郷を目指す

WELL BIND CITY 獨協大学前

WELL BIND CITY 獨協大学前 公式サイトより

草加市に位置する、かつて“東洋一のマンモス団地”と称されたた旧松原団地を中心とした地域が、新たな変貌を遂げようとしています。埼玉県草加市、獨協大学、UR都市機構東日本賃貸住宅本部、東武鉄道、トヨタホームの5者は、獨協大学前〈草加松原〉駅西側地域での産官学連携によるまちづくり協定を締結。2024年5月9日に発表されました。

この協定は、約54haに及ぶ本地域の再生を目指すもので、2003年から進行している老朽化対策、住民の高齢化問題への取り組みに次ぐ、新たなステップです。今回の協定締結により、東武鉄道とトヨタホームが新たに加わり、これまで以上に多角的な視点でのまちづくりが可能となります。

「WELL BIND(ウェルバインド)」をコンセプトに掲げるこのプロジェクトでは、各者が持つ資源を活用し、多世代が繋がり、学び、活き活きと暮らせるまちの実現を目指します。そのために、地域の付加価値向上、多世代の共生やコミュニティ活動の推進、教育や研究活動の地域への還元など、様々な取り組みが計画されています。

特に注目されるのは、トヨタホームと東武鉄道の連携による373区画もの大規模な戸建住宅地「WELL BIND CITY獨協大学前」の開発です。これにより、新たな住空間の提供はもちろん、地域住民の防災拠点となるクラブハウスの整備、憩いの場となるポケットパークの設置が予定されています。

この大規模プロジェクトの一環として、5月11日には「WELL FES」が開催されました。このイベントを通じて、プロジェクトのコンセプトを体感し、まちづくりへの理解と関心を深める機会が提供されています。

かつてのマンモス団地が、多世代が共生し、持続可能な未来を創造する舞台へと生まれ変わることで、草加市の新たな魅力が世に知られることとなりそうです。

WELL BIND CITY 獨協大学前

WELL BIND CITY 獨協大学前 公式サイトより

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ