平和について考えよう ファミリー企画 朗読劇開催のお知らせ

恒例となっておりました平和朗読劇が帰ってきます

平和朗読劇 練習風景

平和朗読劇 練習風景

コロナ禍で中止していたが4年ぶりに上演出来る運びとなりました。

今年の演目は「ちいちゃんのかげおくり」と奇跡のような実話「戦争をやめた人たち」の二作品。

今回は市内の小学生も出演致します。

特に予約などは不要ですので、ぜひこの機会にご観覧ください。

「ちいちゃんのかげおくり」

ちいちゃんのかげおくり

ちいちゃんのかげおくり

「ちいちゃんのかげおくり」は、あまんきみこによる絵本・童話作品。

太平洋戦争の悲惨さを伝える物語として著名であり、それを児童にも伝えるため、小学校の国語の教科書にも掲載されました。合唱曲なども制作されたこの作品は、1982年に発行、1983年に小学館児童出版文化賞を受賞しました。

主人公の「ちいちゃん」は、父・母・兄と暮らす4人家族。当時は激しい戦時中で、父が徴兵される事になり、出征する前日、家族で先祖の墓参りへ行き、その帰り道に透き通るような青い空を見上げた父は、「影送りができそうだ」と発言。彼は少年時代に影送りをよくやったとのこと。家族4人で影送りをすると、まるで記念写真のようだった。

ある時、夏の夜に空襲警報が鳴りひびき、ちいちゃん一家は外へとびだしたが、逃げる途中で、ちいちゃんは家族とはぐれてしまう。

「戦争をやめた人たち」

戦争をやめた人たち

戦争をやめた人たち

戦争中の最前線で、戦争をやめた兵士たちの真実のドラマ。

1914年、第一次世界大戦が始まった。ドイツ、オーストリアなどの同盟国軍とイギリス、日本などの連合国軍との戦いが繰り広げられていた。そんな戦渦のクリスマスイブの夜、戦場には銃声の代わりに「クリスマスキャロル」の歌声が流れるという、まさに「奇跡」が起こる。

戦争を始める人もいれば戦争をやめる人もいる。この作品は、人に対する想像力と行動する勇気の大切さを描き、どうすれば戦争をしない人になるのか、その答えを探求しています。これからの未来をどう生きるべきか、戦争が現実に起こっている今だからこそ、心に響く作品となっています。

開催日時

9月10日(日)

開場 13:30

開演 14:00〜15:30 予定

開催場所

やしお生涯楽習館 1階 多目的ホール

入場料

無料 予約は不要のようです。

定員

140名

主催/企画制作

平和について考えよう朗読劇自主上演実行委員会

共催

八潮市

後援

八潮市教育委員会

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ