八潮市、伝統ある獅子舞の祭礼が今年も開催!16年ぶりの修理を経た「二丁目の獅子舞」と雨を呼ぶ「大瀬の獅子舞」

歴史と文化が息づく、市指定・県指定の無形民俗文化財をご紹介

大瀬の獅子舞

八潮市が誇る伝統的な祭礼、「二丁目の獅子舞」と「大瀬の獅子舞」の開催が今年も決定しました。

これらの獅子舞は、それぞれ市指定・県指定の無形民俗文化財として、長年にわたり地域の文化として受け継がれてきました。

「二丁目の獅子舞」は、約16年ぶりに獅子頭と角の修理が行われ、今年の祭礼ではその新たな姿をお披露目します。江戸時代に始まったと伝えられるこの獅子舞は、3匹の獅子が地域を守るために5種類の舞を披露します。特に、田の草取りを思わせる独特の所作は、「田の草取り獅子」とも呼ばれ親しまれています。

一方、「大瀬の獅子舞」は、同じく江戸時代に始まり、「どろんこ獅子」とも称されるほど、雨を降らせることで知られています。この獅子舞は、富士山を登る途中の親子獅子の物語を舞い、地域の安全と繁栄を願って各日8庭で奉納されます。

「二丁目の獅子舞」は、2024年7月21日に二丁目氷川神社で、そして「大瀬の獅子舞」は7月6日と7日に大瀬浅間・氷川神社でそれぞれ開催されます。また、7月28日には大瀬地区を獅子たちが練り歩き、地域の安全を祈願します。

伝統と新しさが融合する今年の祭礼は、見る者にとって忘れがたい経験となることでしょう。八潮市の豊かな文化遺産を体感し、新たな記憶を刻む絶好の機会に、ぜひ足を運んでみてください。

二丁目の獅子舞(市指定無形民俗文化財)

市指定無形民俗文化財「二丁目の獅子舞」が奉納されます。16年ぶりに獅子頭と角の修理が行われ、今年の祭礼はその披露になります。

二丁目の獅子舞は、3匹の獅子が地域に邪気が入らないよう、5種類の舞を舞います。かがむ所作が多く、その様子が田の草取りに似ているため「田の草取り獅子」とも呼ばれています。

祭礼の詳細

  • 日時: 2024年7月21日(日)、午前9時30分頃から午後8時頃まで
  • 場所: 二丁目氷川神社(八潮市大字二丁目196番地1)
  • ハイライト:
    • 「ハイチ」 – 獅子の背を扇ぎながら唄を歌う
    • 「バウタイ」 – 獅子一行が獅子宿で謡を歌う

大瀬の獅子舞(県指定無形民俗文化財)

大瀬の獅子舞

県指定無形民俗文化財「大瀬の獅子舞」が奉納されます。

大瀬の獅子舞は江戸時代に始まったと伝えられ、よく雨が降ることから「どろんこ獅子」とも呼ばれています。

大瀬の獅子舞

祭礼の詳細

  • 日時: 2024年7月6日(土)、7日(日)、各日午前10時頃から午後8時頃まで
  • 場所: 大瀬浅間・氷川神社(八潮市大瀬1501番地)
  • ハイライト:
    • 3匹の親子獅子が富士山に登る途中の出来事を描いた舞が、各日8庭ほど舞われます。

祈祷獅子

  • 日時: 2024年7月28日(日)、午前7時頃から
  • ルート: 宝光寺―大瀬氷川神社―上大瀬地区―下大瀬地区
  • 注記: 八潮駅前は11時頃通過する予定ですが、当日の状況により時間が大幅に前後する可能性があります。

これらの伝統的な祭礼は、八潮市の豊かな文化遺産を示しています。訪れた方々は、魅力的な獅子舞、謡、そして地域の人々による伝統の継承を体験することができます。

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ