「コンサート作り」を体験してみよう! 体験型コンサート「マリンバ列車、出発進行!」開催

「コンサート作り」を体験してみよう! 体験型コンサート「マリンバ列車、出発進行!」

 

来たる2023年3月12日(日)、やしお生涯楽習館にて、「マリンバ・コンサートの作り方 「マリンバ列車、出発進行!」コンサート作りを体験してみよう!」が開催されます。

このコンサートは、コンサートの準備から見ていただく「体験型コンサート」。めったに見ることのできないコンサートの裏側一挙公開です!。大きな木琴・マリンバは、バラバラに解体して自家用車に乗せて運びます。さまざまなパーツを1つずつ説明しながら、楽器を組み立て、その完成したマリンバで、実際に45分のコンサートを聞いていただきます。

マリンバ以外にも、さまざまな打楽器が飛び出す、おもしろコンサート。小さなお子さま〜大人までお楽しみ頂ける、叩いて、擦って、振って音を出す打楽器のコンサートです。演目はもちろんマリンバ、そしてたくさんの打楽器のまちを旅する「マリンバ列車、出発進行!」。

ぜひ、その魅力を体験しにお越しください。

日時

2023年3月12日(日)
9:30~11:00
場所

やしお生涯楽習館 1F 多目的ホール
埼玉県八潮市鶴ケ曽根420−2

資料代

おひとり 500円(0~2歳児までは無料)
※どなたでも入場可能です

お申込

お電話またはメールにてお申し込みください。
TEL:090-2359-9811
Mail:uchiyama325@gmail.com

 

マリンバ

【マリンバとは】
マリンバは、小学校の音楽室によくある木琴(シロフォン)とよく似た形をしています。名前の由来には諸説ありますが、マリンバの起源とされるアフリカ、バントゥー語群の言葉から生まれた説が一番有名です。

マ=「多くの」
リンバ=「木の棒」

つまり”多数の木の棒から成る楽器”を意味しています。
アフリカが起源のマリンバ。楽器ができた紀元前当時は今のような形状ではなく、音を響かせるための穴を掘り、木の板を並べて演奏していました。当時は民族楽器やポップスのジャンルで活躍する楽器でしたが、現在ではクラシック音楽の楽器としても親しまれています。
(エディクラシック公式サイトより)

 

内山 光知子内山 光知子(うちやまみちこ)

和歌山県出身。埼玉県在住。
大きな木琴『マリンバ』を全国各地で演奏しています。
幼稚園、小学校、カフェ、ギャラリー、コンサートホール、ライブハウスなど活動場所はさまざまで、マリンバの優しく温かい音色をたくさんの方々に知ってもらい、親しんでもらいたいという思いを胸に活動しています。大阪音楽大学卒業。

第2回日本マリンバコンクール1位。

 

HP:https://uchiyama325.jimdofree.com

 

「コンサート作り」を体験してみよう! 体験型コンサート「マリンバ列車、出発進行!」

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • キーカリー
  • ベーカリークローバー
  • CROWNS
  • 藤吉
  • まんま亭
  • espoir
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ