【草加市】不適切保育で市立保育園の保育士4人 訓告などの処分

東武スカイツリーライン草加駅埼玉県草加市の市立保育園で、園児に対する不適切な保育行為が明るみに出ました。この問題に対して、市は保育士4人に対し訓告や注意処分を行うことを決定しました。

草加市の市立保育園で働く30代から40代の保育士4人が、過去3年間にわたり、園児に対してさまざまな不適切な行為を行っていたとされています。具体的には、おむつで園児の頭をたたいたり、大声で叱ったりするなど、保育者としての基本的なマナーや倫理に反する行為が行われていたとのことです。

不適切な保育行為は、去年12月に市に情報が寄せられ、それを受けて草加市が検証。その結果、先月になって不適切な保育が確認され、情報提供から1年が経過した今月、保育士4人に対する処分が行われることとなりました。具体的な処分内容は、1人が訓告を受け、残り3人には文書や口頭での注意処分が行われました。

保育士4人は、市の調査に対して「保育の一環として行ったもので、子どもの気持ちをくみ取るための厳しい指導だった」と語っているとのこと。

一方、草加市の山川百合子市長は、この問題について謝罪のコメントを発表し、「お子様や保護者に心痛を与え、利用者の皆さまに不安を生じさせ心よりおわびする」と述べています。

不適切な保育行為は子供たちにとって深刻な影響を及ぼす可能性があるため、市は再発を防ぐための対策を真剣に検討し、保育環境の改善に取り組むことが求められています。今後の市立保育園の運営に対する監視と透明性の向上が重要な課題となりそうです。

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ