八潮市中央総合病院、最先端の手術支援ロボット「ダビンチ」手術で大腸がん治療を革新

「ダビンチ」手術ロボットを用い、大腸がん治療の新たなる地平を切り開く

八潮中央総合病院

ダビンチを用いた手術の将来性

八潮市南川崎に位置する総合病院「八潮中央総合病院」は、昨年、最先端の手術支援ロボット「ダビンチ」を地域で初めて採用しました。

この技術導入により、患者さんへの治療提供における精度と安全性が、これまでと比べて飛躍的に向上することが期待されます。

同院では、以前より泌尿器科での手術においてダビンチシステムの導入を進め、その利点を活かした医療サービスを提供してきました。その使用範囲を大腸がん手術へと広げることで、より多くの患者さんに対して高度な医療サービスの提供を実現しています。

ダビンチシステムは、その高い精密性と操作の柔軟性を生かし、従来の手法では困難だった部位へのアクセスを容易にし、手術時のリスクを最小限に抑えることを可能としています。

このような手術支援ロボットの導入にあたっては、様々なハードルが設定されており、資格を持ってトレーニングを受けた(日本消化器外科学会消化器外科専門医、Console Surgeon Lisence)外科医が、別の資格(内視鏡外科技術認定医)を持った医師やトレーニングを受けたスタッフのいる施設で初めて単独でロボット手術を行なうことが許されています。

ダビンチ ・システム(Intuitive Surgical社製 Da Vinci Surgical System)は、腹腔鏡手術を支援する、内視鏡下手術支援ロボット。 患者さんのお腹にあけた小さな穴に手術器具を取り付けたロボットアームと 内視鏡を挿入し、医師がサージョンコンソールと呼ばれる操作ボックスの中で内視鏡画像を見ながらロボットを操作する。

ダビンチ手術の最大のメリットは、従来の腹腔鏡手術の利点をそのままに、手術時の手の揺れを根本から排除し、狭小かつ複雑な体内空間での精緻な操作を可能にすることです。

この革新的な技術により、手術後の合併症や後遺症のリスクが大幅に低減され、癌細胞を取り残しなく切除することにより、がんの再発率の低下も期待されています。

結腸がん、直腸がんなどの大腸がんの疾患で、ロボット支援手術を検討されている方々に、同院は新たな選択肢を提供しています。経験豊富な医療スタッフが、患者さん個々の状況に合った最適な治療法を提案し、より快適な健康状態の実現を全力でサポートします。

一泊二日のソケイヘルニア手術

同病院は、ソケイヘルニア手術にも力を入れており、腹腔鏡を利用した効率的かつ短期間の治療プログラムを患者さんに提供しています。この方法は、手術後の痛みを最小化し、傷跡を目立たなくするなどの利点を有しており、患者さんの身体的、心理的負担の軽減につながっています。

※ソケイヘルニアは、名前のとおり「ソケイ部」にできる「ヘルニア」で、脚の付け根が腫れる病気。別名「脱腸」と呼ばれ、腸の病気ではなくておなかの筋肉の病気です。おなかの筋肉に穴が開いて、そこからお腹の中の臓器(腸、脂肪など)が飛び出してくる病気で、特徴は腫れたり(出っ張ったり)凹んだりすることで、痛みなどもない事が多いため、気づかなかったり放置されていることも多いとのこと。手術以外に治療法はなく、全国では25~30万人ほどの患者さんがおり、年間12万~13万人が手術を受けているとても一般的な病気です。

八潮市中央総合病院は、これらの最新の医療技術の導入を通じて、地域社会に対して一層高品質な医療サービスを提供し続けることを目指しています。

 

八潮市中央総合病院(上尾中央医科グループ 医療法人社団協友会)

所在地・電話番号 埼玉県八潮市南川崎845
TEL:048-996-1131 FAX:048-997-2135
営業時間・定休日 平日
9:00-13:00/14:00-17:30
受付時間 8:00-12:00/12:30-16:30
土曜日
9:00-13:00
受付時間 8:00-12:00
日・祝日は休診、但し救急外来は24時間受付しております。
WEBサイト https://www.yashio-cgh.jp
SNS
その他

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ