農福連携ポテトチップス販売開始 パルシステム埼玉/うりんこくらぶ/菊水堂

うりんこくらぶと菊水堂が3年目の協力

農福連携ポテトチップス販売開始 パルシステム埼玉/うりんこくらぶ/菊水堂

生活協同組合パルシステム埼玉(本部:埼玉県蕨市錦町、理事長:樋口民子)は、6月28日(金)から活動施設「ぱる★てらす」(さいたま市浦和区)にて、NPO法人うりんこくらぶ(埼玉県久喜市、片野三代子代表理事)と有限会社菊水堂(埼玉県八潮市、岩井菊之社長)が連携し、農業体験で収穫されたじゃがいもを原料にしたポテトチップスの販売を開始しました。この販売は今年で3年目となります。

「ぱる★てらす」で販売される「キクスイドーのポテトチップス60g」は、うりんこくらぶが「農福連携」を目的として開催する農業体験企画で収穫されたじゃがいもを使用しています。製造は、パルシステムで人気のオリジナルポテトチップスを手掛ける菊水堂が担当します。

うりんこくらぶは、障害の有無に関わらず参加者が成長し合える体験企画を提供する子育て支援団体です。2022年度から、親子農業体験企画「タネからはじまるプロジェクト」で栽培されたじゃがいもを「農福連携」の振興事業としてポテトチップスに加工しています。この活動はパルシステムグループの助成金制度を活用して始まりました。初年度と昨年度は300袋が準備され、全て完売するほどの人気を博したため、今年は400袋に増量して販売します。

パルシステム埼玉は、今後も県内のさまざまな団体と連携し、互いに支え合いながら安心して暮らせる地域社会づくりを目指します。

販売情報

  • 日時:2024年6月28日(金)販売開始 無くなり次第終了
  • 会場:組合員活動施設「ぱる★てらす」(埼玉県さいたま市浦和区東仲町10-7)
  • 商品:「キクスイドーのポテトチップス 60g」1袋200円(税込)
  • 販売数:400袋

ぱる☆てらすは、浦和区にある組合員活動施設。生協組合員はもちろん、地域の方々も気軽に利用できる交流の場となっています。世代を超えた人々が集い、地域コミュニティの中心的な役割を果たしています。

また、生協商品の展示・販売や、地域の情報発信の場としても活用されており、地域に密着した活動を行っています。年に1回開催される「ぱる☆てらすフェスタ」は、地域の方々に親しまれているイベントです。

ぱる☆てらすは、生協組合員はもちろん、地域の方々にとっても重要な拠点となっています。

PRTIMES

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • 藤吉
  • キーカリー
  • ベーカリークローバー
  • CROWNS
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ