飲食店の救世主!「中小企業省力化投資補助金」の申請がスタート【八潮市商工会】

人手不足と原材料費高騰に悩む飲食店をサポートする省力化製品導入のチャンス

働く女性

2024年6月25日より、中小企業向けに業務効率化を支援する「中小企業省力化投資補助金」の申請受付が開始されました。これは、特に人手不足に苦しむ飲食店にとって大きな救いとなる制度です。

「中小企業省力化投資補助金」とは

コロナ禍を乗り越え、インバウンド需要の増加により消費が回復しつつある飲食業界ですが、未だに多くの課題が残っています。特に深刻なのが人手不足です。この問題を解決するために、「中小企業省力化投資補助金」が設立されました。

この補助金は、IoTやロボットなどの省力化製品を導入し、付加価値や生産性の向上、賃上げを目指す中小企業を対象としています。飲食店においては、清掃ロボットや券売機、自動精算機などが補助対象となります。

対象製品と補助金額

券売機

省力化製品の詳細は、中小企業省力化投資補助金の公式ウェブサイトに掲載されています。飲食サービス業向けの主な対象機器は以下のとおりです:

  • 清掃ロボット
  • 配膳ロボット
  • スチームコンベクションオーブン
  • 券売機
  • 自動精算機

補助率は導入経費の2分の1で、補助金額の上限は以下のように定められています:

  • 従業員数5名以下:200万円(賃上げ要件達成時:300万円)
  • 従業員数6〜20名:500万円(賃上げ要件達成時:750万円)
  • 従業員数21名以上:1,000万円(賃上げ要件達成時:1,500万円)

対象となる事業者は、人手不足の状態にある中小企業で、具体的には従業員の平均残業時間が30時間超や、従業員の減少が前年度比5%以上である必要があります。

申請の流れ

「中小企業省力化投資補助金」の第1回公募回のスケジュールは以下のとおりです:

  • 受付開始日:2024年6月25日
  • 申請締切日:2024年7月19日(予定)
  • 採択・交付決定日:2024年8月下旬(予定)

申請の流れは以下のステップで進めます:

  1. gBizID(法人・個人事業主向け共通認証システム)の取得
  2. 省力化製品の選択などの事前準備
  3. 交付申請
  4. 補助事業の実施
  5. 事業実績報告
  6. 補助金交付手続き
  7. 事業実施効果報告

製品導入後には、事業計画の達成状況(省力化の効果、賃上げの実績)を報告し、それに基づいて補助金額が確定し、補助金が交付されます。また、補助事業終了後の5年間、毎年効果報告を行う必要がありますが、労働生産性の目標未達や人員整理、賃金の引き下げがあった場合には補助金の返還が求められる可能性があります。

人手不足に悩む飲食店にとって、この補助金は大きな助けとなるでしょう。清掃ロボットや券売機の導入経費が補助されることで、業務効率の向上や人手不足の解消、さらには賃上げに繋がることが期待されます。店の課題解決に役立つ省力化製品を検討し、ぜひこの補助金を活用してください。

公式サイトは▶こちら

やしおんでは皆さんからの情報提供を募集しています!
リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

  • ベーカリークローバー
  • espoir
  • キーカリー
  • まんま亭
【やしおん】八潮市オンラインは、埼玉県八潮市を中心に情報や話題などをご紹介する情報ポータルマガジン。
SHOP情報から市政県政情報まで様々な情報をご紹介。近隣の街の情報も。
ご紹介が必要な情報や、告知したい情報があればぜひお寄せください。
いちオシヤシオシ、のびしろしかない八潮市ののびしろを担うお手伝いをしていきます!!。
ページTOPへ